゚+。:.゚★てちてちブログ☆゚.:。+゚
元繁殖犬 コーギー 14歳 老犬介護の記録 2010年9月27日永眠

2010年10月02日   [土]  16:53
マルと薬2
3xpxl.jpg

マルはさぁ、夜鳴きっていうか体調が悪い時に鳴くからって、睡眠薬を処方してもらってたんだよね

でも使ったのって2回かな

少しずつ薬が効いてきても、抵抗しようとして、いつも以上に動き回るんだよ

ずっとグルグルと回ってて

いつも以上に鳴くようになるし

次第に薬の効き目が出てくると、後ろ足が立てなくなるのよ

それでも後ろ足を引きずって歩き回ってさ

もうフラフラとしてきて眠りそうになっても、必死でこらえて

「寝ちゃいかん」と閉じそうな目を一生懸命に開こうとしてた


それにね、歩かなくなった後ろ足がショックなのか

後ろ足をペロペロ舐めてみたり、鼻でツンツンしてみたり

「私の後ろ足さん、どうしたの?」と言ってるようで…

そういう姿が可哀想だった

薬を飲ませるのは、うるさくないようにして人間が眠れるようにという意味もあって

でも、フラフラと頭をぶつけながら歩き回ってるマルの傍から離れられず、けっきょく薬を飲ませない時よりも、私は神経を使って疲れてた

だから私は、あまり薬を使わないようにしてたんだ

てち子は薬推奨派だったから、鳴く度に「飲ませれば?」って言ってきてたけど


マルは本当に薬に弱くて

睡眠薬でさえも心配だったし

この前、余ってた薬を全部片付けたけど、睡眠薬だけやたらと余ってた

でもそれで良かったと私は思ってるんだけど

これはマルに関しての話であって、睡眠薬を飲ませる事自体を否定してる訳ではない

老犬介護で大変なのは、夜鳴きだもん

上手く使えば良いんだよ

ただマルには合わなかったと思う

実際に6時間だっけ?効くはずが、マルが寝たのは2時間もなかったからね

さっきハウスを見てたら、なぜか必死にグルグル歩いてたマルを急に思い出しちゃったんだよ…

モバペ|ペット人気ブログランキング
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ
QLOOKアクセス解析